M&A速報

ヨシムラ・フード・ホールディングス<2884>、鮎養殖大手の森養魚場を子会社化

2019/05/07

ヨシムラ・フード・ホールディングスは、鮎(あゆ)の養殖事業を手がける森養魚場(岐阜県大垣市。売上高7億7800万円、営業利益2億8300万円、純資産4億2400万円)の全株取得し子会社化することを決議した。

森養魚場は岐阜県内に鮎養魚場を3カ所運営し、全国トップクラスの規模と設備を備える。年間養殖鮎収穫量は約800トン(2017年)で、全国シェア約16%を持つ大手。業歴は50年を超える。オーナー社長が高齢であることなどから、事業譲渡を検討していた。今年3月1日付で同名の新会社・森養魚場を設立し、鮎養殖事業を移管しており、ヨシムラ・フードはこの新会社を完全子会社化する。

森養魚場は稚魚の人工ふ化から成育、出荷までをすべて自社で行う完全養殖や、雌鮎のみを生産できる全雌鮎養殖技術を持ち、業界でも難しいとされる「子持ち鮎」を安定的に養殖しているという。

取得価額は13億6000万円。取得予定日は2019年6月3日。

M&Aデータベース

関連の記事

2.3倍の最終利益を掲げる「ヨシムラ・フードHD」その強気の理由は

2.3倍の最終利益を掲げる「ヨシムラ・フードHD」その強気の理由は

2020/07/21

食品の製造や販売を行う中小企業をグループ化しているヨシムラ・フード・ホールディングスが強気だ。同社の2021年2月期第1四半期の最終利益は99.7%減のほぼ0に落ち込んだが、通期の最終利益見通しは前年度比約2.3倍の4億2000万円を掲げる。

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

2020/04/28

新型コロナウイルスの感染拡大が企業活動のさまざまな場面に影響を及ぼしている。27日はバッグ・ジュエリーで知られるサマンサタバサジャパンリミテッドが5月下旬に予定していた定時株主総会を6月下旬に延期すると発表した。

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019/01/25

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

ヨシムラ・フード・ホールディングス 吉村元久社長に聞く MAOガールインタビュー(4)

2018/04/25

学生レポーター・山口萌さんがヨシムラ・フード・ホールディングスの吉村元久社長に話しを聞きました。吉村社長は「半年で3件のM&Aを行いたい」とM&Aに前向きな姿勢を示し、「日本のスイーツの会社にグループに入ってほしい」との戦略を披露しました。

【ヨシムラ・フード・ホールディングス】中小食品にM&Aを繰り返し「相互補完・相互成長」のビジネスモデル確立

【ヨシムラ・フード・ホールディングス】中小食品にM&Aを繰り返し「相互補完・相互成長」のビジネスモデル確立

2018/03/08

ヨシムラ・フード・ホールディングスが中小食品会社を次々に傘下に収めている。食品業界に特化して、経営に行き詰まった企業のM&Aを繰り返し、グループで相互補完・相互成長する独自のビジネスモデルを作り上げた。躍進を遂げる同社を要ウオッチ!

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017年も食品各社のM&A意欲は健在

2017/12/28

2017年の食品業界は大小合わせて20件強(発表ベース)のM&Aを数える。1年を振り返って、1000億円を超えるような大型案件はなかったものの、食品各社のM&Aへの意欲は旺盛といえる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア