M&A速報

栗田工業<6370>、水処理薬品・装置メーカーの米Global Water Services Holdingを子会社化

2019/02/08

栗田工業は現地子会社を通じて、米国の水処理薬品・装置メーカーであるGlobal Water Services Holding Company, Inc.(GWS、デラウェア州)の全株式を取得することを決めた。

GWSは持ち株会社で、事業子会社としてU.S. Water Services, Inc.(ミネソタ州、売上高187億円)を持つ。U.S. Waterは米中西部を中心に各種水処理薬品と装置、エンジニアリングを組み合わせ、節水や省エネルギーにつながるソリューションを提供している。食品・飲料をはじめ、石油ガス、バイオエタノール精製、電力、商業・公共施設などに約5000の顧客企業を抱える。

栗田工業はU.S. Waterの顧客基盤や販売網に自社の純水供給、排水回収などの独自サービスを投入し、米国事業を加速する。

取得価額は約301億円。取得予定日は非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2018年5月30日
Fracta, Inc
Fracta Holdings LLCほか
4,000
2
2017年1月4日
Fremont Industries, LLC
MDL Holdings, Inc.
4,707
3
2018年8月10日
Blitz 17-630 AG
アルミナ化合物事業
非公表
4
2019年2月8日
Global Water Services Holding Company, Inc.
ALLETE Enterprises, Inc.
30,100
5
2019年5月13日
Avista Technologies, Inc.、Avista Technologies (UK) Ltd.
個人株主
9,430
6
2019年12月26日
Pentagon Technologies Group, Inc.
経営陣
5,875

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5