M&A速報

栗田工業<6370>、米英の水処理薬品の製造・販売会社2社を完全子会社化

2019/05/13

栗田工業は子会社のKurita America Holdings Inc.(米デラウェア州)とKurita Europe GmbH(ドイツ)を通じて、水処理薬品の製造・販売を手がけるAvista Technologies, Inc.(米カリフォルニア州、以下A-US。売上高2300万ドル=約25億8000万円、営業利益、純資産は非公表)および Avista Technologies (UK) Ltd.(英国、以下A-UK。売上高445万ポンド=約6億3300万円、営業利益、純資産は非公表)を完全子会社化することを決議した。

A-USは水処理装置の構成機器の一つRO膜(逆浸透膜)向けの水処理薬品「RO薬品」に特化し、多品種のRO薬品を製造・販売しているほか、RO膜洗浄などのサービスを手がけている。A-UKは、A-USからのライセンス提供により欧州・中東・アフリカにおいて同様の事業を展開している。

A-USのRO薬品と栗田工業が保有する同薬品を合わせることにより、商品ラインナップを拡充し、幅広い商品提案をすることで同薬品の拡販を推進するとともに、お互いが保有する技術・ノウハウを共有しRO膜関連サービスの強化を狙う。

取得価額は両社で8180万ドル(約92億円)、アドバイザリー費用は約2億3000万円。取得予定日は2019年5月15日。

M&Aデータベース

関連の記事

【栗田工業】北米事業拡充へM&A推進中

【栗田工業】北米事業拡充へM&A推進中

2019/07/25

栗田工業が北米を舞台に海外M&Aを活発化している。今年に入って水処理の米国企業2社を約400億円で買収し、現地ベンチャー企業への出資にも積極的だ。今年は同社創立70周年。北米事業をテコに、新たな成長ステージに踏み出せるのか。

【M&Aサマリー5月】ソフトバンクが4565億円でヤフー子会社化、件数8カ月ぶりに前年を下回る

【M&Aサマリー5月】ソフトバンクが4565億円でヤフー子会社化、件数8カ月ぶりに前年を下回る

2019/06/05

2019年5月のM&Aは前年同月比13件減の59件と、昨年9月以来8カ月ぶりに前年を下回った。前月比では8件減った。金額トップはヤフーの子会社化を発表したソフトバンクの4565億円で、日本企業によるM&A案件として今年最大となる。

今年もトップ!2018年のIT・ソフト業界のM&Aを振り返る

今年もトップ!2018年のIT・ソフト業界のM&Aを振り返る

2018/12/19

2018年の「IT・ソフトウェア」業界のM&Aは前年より14件多い116件(12月18日現在)。「その他サービス」の115件を僅差で抑え、2年連続で業種別M&A件数のトップとなった。今年の買収額ベスト5を見てみよう。​

M&A速報検索

クリア