M&A速報

栗田工業<6370>、水道管劣化予測ソフトウエアサービスの米Fracta, Incを子会社化

2018/05/30

栗田工業は、増資引き受けと既存株主からの取得により、Fracta,Inc(米デラウェア州。資本金740万ドル=約8億3000万円、売上高、営業利益、純資産は非公表)株の50.1%を取得し、子会社化することを決議した。Fracta,Incの100%子会社 Fracta(米カリフォルニア州)が人工知能(AI)や機械学習を利用した水道管の劣化予測ソフトウエアサービスを手がけている。

米国では水道管の劣化が深刻な問題になっており、栗田工業は水道事業者やメンテナンス業者向けに劣化予測サービスの需要が伸びると期待している。今後は営業や開発の体制を強化し、5年後の2023年に同サービスで年間売上高 3000万ドル(約32億5000万円)を目指す。

株式取得価額は約3700万ドル(約40億円)。

株式取得予定日は2018年5月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【栗田工業】北米事業拡充へM&A推進中

【栗田工業】北米事業拡充へM&A推進中

2019/07/25

栗田工業が北米を舞台に海外M&Aを活発化している。今年に入って水処理の米国企業2社を約400億円で買収し、現地ベンチャー企業への出資にも積極的だ。今年は同社創立70周年。北米事業をテコに、新たな成長ステージに踏み出せるのか。

【M&Aサマリー5月】ソフトバンクが4565億円でヤフー子会社化、件数8カ月ぶりに前年を下回る

【M&Aサマリー5月】ソフトバンクが4565億円でヤフー子会社化、件数8カ月ぶりに前年を下回る

2019/06/05

2019年5月のM&Aは前年同月比13件減の59件と、昨年9月以来8カ月ぶりに前年を下回った。前月比では8件減った。金額トップはヤフーの子会社化を発表したソフトバンクの4565億円で、日本企業によるM&A案件として今年最大となる。

今年もトップ!2018年のIT・ソフト業界のM&Aを振り返る

今年もトップ!2018年のIT・ソフト業界のM&Aを振り返る

2018/12/19

2018年の「IT・ソフトウェア」業界のM&Aは前年より14件多い116件(12月18日現在)。「その他サービス」の115件を僅差で抑え、2年連続で業種別M&A件数のトップとなった。今年の買収額ベスト5を見てみよう。​

M&A速報検索

クリア