M&A速報

マクセルHD<6810>、政投銀と共同で家電機器製造の泉精器製作所を子会社化

2018/08/06

マクセルホールディングスは家電製品の泉精器製作所(長野市松本市。売上高142億円、営業利益12億5000万円、純資産71億9000万円)を子会社化することを決議した。日本政策投資銀行と共同出資によるマクセル特別目的会社(中間持ち株会社)が泉精器株式の100%を取得する。マクセルHDの中間持ち株会社に対する出資比率は40%だが、政投銀との契約に基づきマクセルHDが実質的に支配権を持ち、連結子会社とする。

泉精器は電気工事に使われる電設工具、理美容機器や調理家電などを主力としている。マクセルHDはIoT(モノのインターネット)化が進展する電設工具事業に参入するとともに、リチウムイオン電池や電池電源、充電器といった自社事業との連携を通じて住生活・インフラ市場での事業拡大を目指す。健康・理美容市場での事業促進にもつなげる。

中間持ち株会社による泉精器株式の取得価額は182億円。取得予定日は2018年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

「ジャノメ」は67年ぶり、こんなにあるよ10月の社名変更

「ジャノメ」は67年ぶり、こんなにあるよ10月の社名変更

2021/10/01

10月1日の2021年度下期入りとともに社名変更する上場企業は17社を数える。4月1日の15社を上回り、今年最も多い。家庭用ミシン最大手の蛇の目ミシン工業は67年ぶり、特殊鋼メーカーの新報国製鉄は72年ぶりに社名を改める。

【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

2018/11/15

カセットテープのトップブランドだった「マクセル」。カセットテープは今も使われているが、最盛期に用いられた音楽録音用媒体としては次々に登場する新しいメディアに主役を奪われた。カセットテープの凋落後、マクセルは波乱万丈の歴史を刻むことになる。

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

2017/11/21

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5