M&A速報

マクセルホールディングス<6810>、東洋紡傘下の工業用ゴム製品メーカーのクレハエラストマ―を子会社化

2018/10/30

マクセルホールディングスは工業用ゴム製品メーカーのクレハエラストマー(売上高68億9400万円、営業利益1億4400万円、純資産27億3000万円)の株式81.97%を、同社の親会社の東洋紡から取得し子会社化することを決議した。

クレハエラストマーはゴム系部材や厚手シートの押し出し成型技術などに強みがあり、エレクトロニクス、自動車、建築・土木などを主力市場とする。マクセルホールディングスは同社の子会社化を通じて産業用部材料事業の拡大につなげる。具体的にはゴム系部材・押出成型技術を取り込み、防水機能用途ゴム系部材の拡販のほか、高気密住宅用途ゴム系部材や機能性部材料(電磁波抑制シートなど)への進出を目指す。

取得価額は6億円。取得予定日は2019年1月8日。

M&Aデータベース

関連の記事

【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

2018/11/15

カセットテープのトップブランドだった「マクセル」。カセットテープは今も使われているが、最盛期に用いられた音楽録音用媒体としては次々に登場する新しいメディアに主役を奪われた。カセットテープの凋落後、マクセルは波乱万丈の歴史を刻むことになる。

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

2017/11/21

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5