マクセルホールディングスは工業用ゴム製品メーカーのクレハエラストマー(売上高68億9400万円、営業利益1億4400万円、純資産27億3000万円)の株式81.97%を、同社の親会社の東洋紡から取得し子会社化することを決議した。

クレハエラストマーはゴム系部材や厚手シートの押し出し成型技術などに強みがあり、エレクトロニクス、自動車、建築・土木などを主力市場とする。マクセルホールディングスは同社の子会社化を通じて産業用部材料事業の拡大につなげる。具体的にはゴム系部材・押出成型技術を取り込み、防水機能用途ゴム系部材の拡販のほか、高気密住宅用途ゴム系部材や機能性部材料(電磁波抑制シートなど)への進出を目指す。

取得価額は6億円。取得予定日は2019年1月8日。