オンライン旅行業等を展開するエボラブルアジアは、臨時取締役会において、旅行業のエヌズ・エンタープライズ(売上高:36億円、営業利益:2千万円、純資産:9千万円(以下、「エヌズ社」))の発行済株式を取得し(所有比率:34.4%)、残り65.6%の株式は株式交換により完全子会社とすることを決議した。

エボラブルアジアは、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」をリリースし、単品販売してきた。

本取引により、エアトリにて航空券と宿泊施設をセットにした国内旅行商品(パッケージ商品)の取り扱いを強化すべく、日本航空の専売許可代理店であり、日本航空の国内線の仕入れに大きな強みをもつエヌズ社を子会社化し、国内旅行商品(パッケージ商品)領域へ本格参入する。

交換比率はエボラブルアジア:エヌズ社=1:600.92。

株式取得価額は、非公表。

株式取得日は平成29年10月10日。

株式交換契約締結予定日は平成29年11月6日。