ヨシムラ・フード・ホールディングスは、水産加工品の製造・販売を手がけるヤマニ野口水産(北海道留萌市。売上高5億8400万円、営業利益1700万円、純資産2億4600万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ヤマニ野口水産は創業47年で、主に北海道で漁獲された新鮮な海産物を仕入れ、独自の製造ノウハウと秘伝の味付けにより燻製や珍味を製造している。主力商品は天然秋鮭を燻製した「鮭とば」や「北海道産いくらの醤油漬け」など。

ヨシムラ・フードHDは事業承継問題や単独での成長に限界を感じている中小食品企業をグループ化し、各子会社の営業、製造、仕入れ・物流、商品開発、品質管理などの各機能をグループ内で共有・活用し、相互の成長を後押しする事業モデルを確立している。今後はこうした営業支援機能を最大限に活用し、グループ内でヤマニ野口水産が製造する高品質な商品を販売することで収益の拡大を図る。

取得価額は8500万円(アドバイザリー費用など含む)。取得予定日は2017年10月2日。