最先端のメカトロニクス分野で世界中に展開する住友重機械工業は、真空ロボットを製造販売するPersimmon Technologies Corporation(売上高6億円、営業利益△7億円、純資産8百万円、以下パーシモン社)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

住友重機械工業グループは、新たに真空ロボットを製品ラインナップに加えることにより、イオン注入装置、クライオポンプ、XYステージなどの半導体関連事業の成長に繋げるとともに、パーシモン社が研究開発に取り組んでいる技術を製品開発に生かし、変減速機やプラスチック機械などの事業拡大を目指す。

また本件は、パーシモン社を存続会社、住友重機械工業が合併のために設立する新会社Persimmon Merger Subを消滅会社とする、現金を対価とする逆三角合併方式を採用する。

株式取得価額は36億円。

取引実行日は未定。