M&A速報

イヌイ倉庫<9308>と乾汽船<9113>、2014年10月に合併へ

2014/05/12

イヌイ倉庫と乾汽船は2014年10月1日に合併すると発表した。イヌイ倉庫が乾汽船を吸収合併する。合併比率はイヌイ倉庫1:乾汽船0.35で、乾汽船の普通株式1株に対して、イヌイ倉庫の普通株式0.35株を割り当てる。合併に伴いイヌイ倉庫は商号を乾汽船に変更する。旧乾汽船は9月26日に上場廃止となる予定。

両社は経営統合により倉庫、海運という専業に捉われず、物流全体の最適化を進めることで事業領域の拡大を図る。また、外航海運業、倉庫業、施設賃貸業の異なる事業周期が組み合わさることで、環境変化に強い経営基盤の構築を目指す。

M&Aデータベース

関連の記事

ダイビルを上場廃止とする「商船三井」、過去2度の大型合併を経験

ダイビルを上場廃止とする「商船三井」、過去2度の大型合併を経験

2021/12/02

海運大手の商船三井は不動産事業を手がけるダイビルなど上場子会社2社を非公開化する。TOB(株式公開買い付け)で株式を追加取得し、完全子会社化するもので、総額1300億円余りを投じる。今回は親子上場の解消を狙いの一つとするが、商船三井は過去、合併に次ぐ合併を重ねてきた過去を持つ。

乾汽船・アルファレオ間の攻防整理と今後の動向

乾汽船・アルファレオ間の攻防整理と今後の動向

2020/07/17

乾汽船はアルファレオに対する趣旨と目される買収防衛策(事前警告型ライツプラン)を昨年6月に定時株主総会で再導入して以来、両社の間で攻防が続いている。そこで今回は法務の観点から特に重要と思われる観点についてコメントを試みたい。

従業員平均年収200万、役員報酬4100万円の乾汽船に待った

従業員平均年収200万、役員報酬4100万円の乾汽船に待った

2019/06/14

アルファレオホールディングスが乾汽船の経営陣に揺さぶりをかけています。6日に保有割合を25.28%まで高め、経営体制を批判。従業員の平均年収200万円に対し、役員報酬が2名で8200万円と高額なことなどを疑問視しています。

乾汽船株22.9%を取得した「アルファレオホールディングス」の狙いは

乾汽船株22.9%を取得した「アルファレオホールディングス」の狙いは

2019/02/22

資産運用会社のアルファレオが保有する乾汽船の株式(共同保有者と合わせた保有割合は22.07%)全株を手放し、同時にアルファレオホールディングス合同会社(同)が乾汽船株式の22.9%を保有したことが分かった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5