M&A速報

商船三井<9104>、コンテナターミナル事業の米国子会社「ITI」の全株式を2社に譲渡

2022-10-31
alt
商船三井の本社(東京・虎ノ門)

商船三井は、米国子会社でコンテナターミナル事業を運営する持ち株会社インターナショナル・トランスポーテーション(ITI、カリフォルニア州。売上高748億円、営業利益94億1000万円、純資産328億円)の全株式を2社に譲渡することを決めた。譲渡先は明らかにしていない。このうち1社に株式49%を約1364億円(約9億5000万ドル)で2023年1月に譲渡する予定。もう1社には残る株式51%を同2月に譲渡するが、金額は非公表。

商船三井は日本郵船、川崎汽船の3社で設立したコンテナ船事業の統合会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)」が2018年に営業開始したのに伴い、コンテナターミナル事業をめぐる戦略見直しを進めており、今回のITI譲渡もその一環。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2017年2月24日
MC Marine Energy Limited
未確定
2
2015年5月13日
東京電力(株)向け石炭専用船輸送事業、TDC SHIPPING S.A.
230
3
2009年3月18日
株主
1,578
4
2014年5月12日
5
2016年10月31日
定期コンテナ船事業
非公表
6
2022年10月31日
非公表(2社)
INTERNATIONAL TRANSPORTATION INC.
136,400

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5