日本風力開発は、子会社の銚子風力開発の発行済株式の90%を関電工へ、同じく子会社の肥前風力発電及び平生風力開発の日本風力開発が所有する全株式を大阪ガスの子会社であるガスアンドパワーへ譲渡する。

関電工に譲渡する株式数は8,000株。譲渡価額は1,800百万円。

ガスアンドパワーに譲渡する肥前風力発電の株式は47,000株。譲渡価額は2,700百万円。

同じくガスアンドパワーに譲渡する平生風力開発の株式は8,800株。譲渡価額は300百万円。

日本風力開発は、売却資金により有利子負債を圧縮し、バランスのとれた財務基盤の再構築と資金繰りの改善を行う。