産業ガスメーカーのエア・ウォーターは、清涼飲料および原料果汁・野菜果汁などの製造販売を主力とするゴールドパック(東京都渋谷区。売上高396億円、営業利益17億7000万円、純資産95億7000万円)の全株式を取得することを決議した。

エア・ウォーターは新中期経営計画において、農業事業および宅配水事業を重点分野と位置付け、長期成長に向け様々な施策に取り組んできた。今回、同社がゴールドパックを子会社化することで、同社が掲げる重点分野での相乗効果と、長野県松本地区におけるグループ複合事業推進のための有力パートナーとして、両社の協力関係の強化が期待できるものと判断した。

取得価額は非公表。取得予定日は2012年9月28日。