JFEホールディングス<5411>とIHI<7013>は、それぞれの傘下にあるユニバーサル造船とアイ・エイチ・アイマリンユナイテッドが経営統合すると発表した。

新会社はジャパンマリンユナイテッドで、出資比率はJFEホールディングスとIHIがそれぞれ45.93%を所有し、残りの8.14%については日立造船が所有する。

ユニバーサル造船は日本最大級の大型ドックを擁する有明事業を所有し、砕氷船やオフショア支援船、掃海艇などで高い建造技術力を誇る。一方、IHIマリンユナイテッドは大型船のほか、フェリーや海洋構造物などの多様な商品を手がける。両社の船種を合わせることで商品ラインナップの拡充が図れるほか、造船所毎の船種集約による生産性の向上、省エネ・環境対応技術の融合による新商品開発などの相乗効果が見込まれる。

取締役会長にはIHIマリンユナイテッド代表取締役社長の蔵原成実氏が、代表取締役社長にはユニバーサル造船代表取締役社長の三島愼次郎氏が就任する。