第一生命保険は豪州の生命保険会社TOWER Australia Group Limited(タワー、ニューサウスウェールズ州。収入保険料787億円、純資産710億円)を完全子会社化することを決議した。取得価額は約1054億円。株式取得額は約996億円で、他にタワー経営陣に付与されているストックオプションの現金化対応として約58億円程度の支払いを予定している。2011年5月に取得完了の予定。

タワーは1987年設立で、豪証券取引所に上場している。第一生命は2008年にタワーへ29.7%出資し関連会社化した。豪州の生命保険市場は好調な経済を背景に安定した成長を続けており、第一生命はタワーを完全子会社化し海外事業の一層の強化を図る。