ソネット・エムスリーは医師や薬剤師向けの転職情報サイト運営事業と、エス・エム・エス(SMS)の医師・薬剤師を対象とする人材紹介事業を会社分割により統合すると発表した。12月28日付で設立する新会社エムスリーキャリア(東京都千代田区)が両事業を承継する。

ソネット・エムスリーは国内最大級の医師・薬剤師向けの転職情報サイトm3.comを運営しており、SMSは医療従事者を対象に人材商会事業を展開している。両社は、求職者である医師・薬剤師と、求人者である医療機関や法人を効率よくマッチさせるプラットフォームの構築を目指す。分割する事業の売上高は、ソネット・エムスリーが3億2200万円、SMSが3億4700万円。

エムスリーキャリアは普通株式1000株を発行し、ソネット・エムスリーに510株、SMSに490株をそれぞれ割り当てる。