M&A速報

黒田電気<7517>、電設資材メーカーの日動電工を子会社化

2009/10/01

黒田電気は、電設資材メーカー日動電工(大阪市。売上高70億4000万円、営業利益1億8400万円、純資産38億3000万円)の経営権を所有する不動産運用の天満トラスト(大阪市。売上高2300万円、営業利益800万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。天満トラストは日動電工の株式58.31%を所有しており、黒田電機は個人株主からも同社株式10.91%を取得する予定。そのため、日動電工についての株式所有比率は69.22%となり、黒田電機の傘下に入ることとなる。

日動電工は、金物や電気端子、配線箱などを地域電力会社や電設業者や通信業者に納入している。黒田電気は、独立系商社として電子・電気部品・材料などエレクトロニクス分野の商品を中心に、国内外の電子業界、自動車業界に納入する。日動電工を子会社化することで、事業分野をエネルギーや通信にまで拡大し、事業基盤の強化・安定を目指す。

取得価額は未定。取得予定日は非公表。

M&Aデータベース

関連の記事

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017年M&Aの“アラカルト10選”!をお届け~編集部発

2017/12/30

2017年M&Aの“アラカルト10選”! 編集部独自に話題、出来事をピックアップしました。

【企業力分析】モノを言う株主村上氏 VS 黒田電気

【企業力分析】モノを言う株主村上氏 VS 黒田電気

2016/01/29

物を言う株主村上世彰氏の長女、絢氏が最高経営責任を務めるC&Iホールディングスなどから売掛金を含めて244億円のネットキャッシュがあることを根拠に、配当性向100%を要求された黒田電気を専門家が分析。