M&A速報

双日<2768>、日商エレクトロニクス<9865>の株式をTOBにより追加取得

2009/02/27

双日は子会社の日商エレクトロニクスの株式を追加取得すると発表した。現在43.48%を保有しているが、住友商事が保有する21.85%をのぞいた全株式を対象としてTOB(株式公開買い付け)を実施する。日商エレクトロニクスは上場廃止の見込み。

日商エレクトロニクスが主力とするICT(情報通信技術)分野では、製品単価の下落や顧客企業の投資抑制などの影響で今後も事業環境が厳しくなると予想されており、双日グループの顧客ネットワークや事業運営ノウハウ、リソースをさらに活用させることが最善と判断した。また住友商事グループとも戦略的な連携を図ることで合意している。

買付価格は1株あたり1000円で、公表前営業日の終値512円に対して95.31%のプレミアムを加えた。買付予定数は914万3280株で、買付総額は91億4300万円。買付期間は2009年3月2日から4月13日まで。決済の開始日は2009年4月20日。

関連の記事

CVC4.0は日本企業に革新を起こせるか

CVC4.0は日本企業に革新を起こせるか

2019/06/19

ベンチャー企業への投資方法としてCVC4.0という概念がある。CVC4.0は日本企業に技術革新を創出させ、経済を活性化させる力を持つという。CVC4.0とは一体どういうものなのか。

「遠心力と求心力」のM&Aでグループの発展をーアルコニックス小井川明良経営企画部担当部長に聞く

「遠心力と求心力」のM&Aでグループの発展をーアルコニックス小井川明良経営企画部担当部長に聞く

2018/02/23

M&Aで社業を拡大するー今では確立されたビジネス手法だが、中小企業では今も抵抗感を感じる経営者も少なくない。そこで数多くのM&Aに取り組んできたアルコニックスの小井川明良氏に、その手法と効果、注意点すべきことなどを聞いた。

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

【日本電産】創業者「永守重信」が見込んだ後継者とは

2018/02/16

日本電産は創業者の永守重信会長兼社長が社長を外れ、吉本浩之副社長が社長に昇格する人事を決めた。永守氏の強力なリーダーシップと巧みなM&A戦略で精密小型モーターの世界的企業に躍進した同社。そんなカリスマ経営者が見込んだ吉本新社長とは。

【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

【JALUX】右肩上がりの安定経営。M&Aも堅実に。

2017/03/24

かつては日本航空の子会社だったJALUXは、2007年に双日と資本業務提携し事業の多角化をめざして慎重にM&Aを進めている。M&Aは10年間でわずか3件だが、スキームは保守的でありながらも安定感がある。

M&A速報検索

クリア