ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ソシエテ・ジェネラル】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<9>

alt
東京・丸の内に本社を置く

M&A業務での存在感はまだまだ

日本での事業縮小もありました。2002年、富裕層向けにプライベートバンキング業務を手がけるチェース信託銀行を買収し、ソシエテ・ジェネラル信託銀行として再スタートさせましたが、2013年に三井住友銀行に譲渡しました。現在のSMBC信託銀行がそれです。

投資銀行業務を代表するM&Aアドバイザリー業務の日本での取り組みはどうでしょうか。調査会社トムソン・ロイターがまとめている「日本企業関連M&A市場リーグテーブル」(上位25社)によると、2018年第1四半期(1~3月)の実績は1757億円(完了案件)で、11位につけました。欧州勢では9位のクレディ・スイス(スイス)に次ぎます。ただ、過去5年の年間ランキングを見る限り、金額、案件のいずれも圏外で、他の欧州勢に比べても影が薄く、この辺が課題といえるでしょう。

ラグビーW杯に長年協賛、日本大会は知名度向上の絶好のチャンス

2019年にアジアで初めて開かれる「ラグビーワールドカップ 2019 日本大会」は世界の上位 20 カ国の代表チームが 48 試合を戦います。今回で 9 回目となるラグビー界を代表する世界的なイベントですが、ソシエテ・ジェネラルは1991年大会から協賛。日本大会もワールドワイド・パートナーとオフィシャルバンクとして参画します。日本での知名度を高めるまたとない機会になりそうです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。