トップ > インタビュー・事例 > インタビュー >日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

日本のM&A。その潮流を問う-早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー(前編)

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
早稲田大学商学学術院教授 早稲田大学高等研究所 所長 宮島英昭氏

資源配分効率と組織効率の向上。「時間を買うM&A」

―― 一連のM&Aは、どのような効果を企業にもたらしましたか。

 統合型のM&Aにおいては、重複事業の回避や間接費用の削減、研究開発部門の共通化を図ることができます。設備の適切な稼働配分や人員の再配置など、資源配分効率の向上も見込めます...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)