三井住友信託銀行の記事一覧

コロナ禍の中、過去10年間で最多 6月の大量保有報告書

コロナ禍の中、過去10年間で最多 6月の大量保有報告書

2020年6月に、経営陣による買収(MBO)の一環として米投資ファンドのベインキャピタルがTOB(株式公開買い付け)を実施中のニチイ学館について3件の大量保有報告書の提出があった。

記事を読む
マーキュリアインベストメント、「クロスボーダー」案件で本領発揮|唯一の上場PEファンド

マーキュリアインベストメント、「クロスボーダー」案件で本領発揮|唯一の上場PEファンド

東証1部の投資会社、マーキュリアインベストメントがクロスボーダーの事業投資案件で存在感を増しつつある。今年2月に自動車部品メーカー、水谷産業を買収。日中を舞台に、中堅製造業の事業承継ニーズにこたえる案件とあって、投資内容への注目度が高い。

記事を読む
インドコンビニ事業のインパクトHDが監理銘柄へ!上場廃止は?

インドコンビニ事業のインパクトHDが監理銘柄へ!上場廃止は?

インパクトホールディングスが、監理銘柄に指定される見込みとなりました。2019年12月期第2四半期報告書を期限内に提出できなかったため。同社はインドコンビニ事業の貸付金28億円が回収困難となる可能性が高まり、瀬戸際の攻防が続いています。

記事を読む
アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

記事を読む
【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

業績不振に陥っている大手書店、文教堂グループホールディングスに上場猶予期間の8月末が迫っている。事業再生ADRに基づく再生計画案が予定通りに成立すれば、上場廃止の猶予期間が1年延長される。だが、進捗の遅れが否めない。

記事を読む
EDINETガイド~大量保有報告書をみてみよう~

EDINETガイド~大量保有報告書をみてみよう~

株式投資を始めたばかりの方、新聞等の証券欄などで目にする「大量保有報告書」って何だろうと気になる方に向けたコラムです。EDINETで大量保有報告書を閲覧する方法と、何が書かれているのか確認すべき項目についてわかりやすく説明します。

記事を読む
【大量保有】買い姿勢に転換 2019年1月

【大量保有】買い姿勢に転換 2019年1月

2019年1月に提出された大量保有報告書(移転などの変更を除く)の件数は782件で、前年同月を86件上回り、前年同月の売り姿勢から、買い姿勢に転じたことが分かった。

記事を読む
【住信SBIネット銀行】キャッシュレス化でネットムーブを買収

【住信SBIネット銀行】キャッシュレス化でネットムーブを買収

住信SBIネット銀行はキャッシュレス化の進展に対応するため、決算代行事業者のネットムーブ(東京都千代田区)を完全子会社化することを決めた。高度化する顧客のニーズに対応できる体制を作り、利便性を高めるのが狙いだ。

記事を読む
【大量保有】提出件数が過去10年間で最高に 2018年

【大量保有】提出件数が過去10年間で最高に 2018年

2018年の大量保有報告書提出件数が2009年以降の10年間で過去最高になった。2018年はこれまでの最高だった2013年の1万840件を5年ぶりに更新し、2013年比13.7%増の1万2321件となった。

記事を読む
​武田薬品工業に約4180億円を融資する国際協力銀行とは

​武田薬品工業に約4180億円を融資する国際協力銀行とは

武田薬品工業は国際協力銀行との間で総借入限度額37億ドル(約4180億円)のローン契約を結んだ。 武田薬品のシャイアー買収は日本国政府の支援を受け、いよいよ2日後の12月5日に臨時株主総会で正式決定される見通しだ。

記事を読む
【東証1部の社長報酬】2.2%増の5552万円

【東証1部の社長報酬】2.2%増の5552万円

三井住友信託銀行とデロイトトーマツコンサルティングがまとめた2018年度版「役員報酬サーベイ」によると、東証1部上場の社長報酬の中央値は5552万円で、前年度を2.2%上回った。売上高1兆円以上に限ると、5%増の9855万円だった。

記事を読む
資金調達総額100億円超のSansanは上場準備に入ったか?

資金調達総額100億円超のSansanは上場準備に入ったか?

「早く言ってよ~」でおなじみの名刺管理システムSansan。直近の売上高は73億円を超えましたが、赤字が続いています。そうはいっても100億円以上の資金調達をしており、何としてでも来年あたりに上場はしたいところ。同社の近況をまとめました。

記事を読む
敵対的買収から身を守る防衛策とは? しっかり学ぶM&A基礎講座(30)

敵対的買収から身を守る防衛策とは? しっかり学ぶM&A基礎講座(30)

自社の株を大量に取得しようとする者が現れた場合の対抗措置をあらかじめ定めておくことがあります。こうした買収防衛策は、ともすれば経営者の保身につながる恐れがあるため導入には慎重を期す必要があります。

記事を読む
【バークレイズ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<7>

【バークレイズ】知っているようで知らない、外資系金融機関まとめ<7>

外資系金融機関を知るシリーズの第7回は英国が誇る世界的な総合金融グループの「バークレイズ」。300年超の歴史を持つ英国4大銀行の一つです。日本ではバークレイズ証券、バークレイズ銀行東京支店、バークレイズ投信投資顧問が活動しています。

記事を読む
「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

「山一証券」廃業から20年。金融版図は一変した

山一証券が破たんして今日で20年になる。1997年11月24日、自主廃業の届けを出し、四大証券の一角が崩れた。この1週間前には北海道拓殖銀行が行き詰まり、都市銀行として初めて破たんした。「悪夢の一カ月」を経て、業界版図は一気に塗り替えられることになった。

記事を読む
ジャパンディスプレイ、1,700億円の特別損失計上へ

ジャパンディスプレイ、1,700億円の特別損失計上へ

2017年8月9日、経営再建中のジャパンディスプレイは3種類の資料を公表した。1つ目は、2018年3月期第1四半期(4-6月)の連結決算。2つ目は、コミットメントライン契約の締結に関するお知らせ。3つ目は、構造改革に関するもの。同日開催された会見とあわせ、東京商工リサーチの独自取材からJDIの現状を追った。

記事を読む
米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

米国最大の年金基金 カルパースの運用実態を追ってみる

米カリフォルニア州職員退職年金基金(通称カルパース)は、金融マーケットでは有名なビッグプレイヤーですが、最後に大量保有を提出したのは、2009年です。かなりの日本株を保有しているはずなのですが、現在の運用実態はどうなっているのでしょうか。大量保有データベースから追ってみましょう。

記事を読む
東芝保有の不動産に5,500億円の根抵当権仮登記

東芝保有の不動産に5,500億円の根抵当権仮登記

海外原子力事業の巨額損失で揺れる東芝が保有する複数の不動産に、極度額5,500億円の根抵当権設定仮登記がなされたことが判明した。

記事を読む
【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

【出光興産】創業家が反対する経営統合は、飛躍の起爆剤となりえるか

出光興産というと石油元売りとしてのイメージが強いが、プラスチック樹脂等の機能材料の製造や石炭開発、アグリバイオ事業まで幅広い分野に手を広げている。その背景には、M&Aの活用を通じて事業の入れ替えを行ってきたことがある。一時の倒産危機も克服し、石油元売りという枠を超えて事業を展開する出光興産のM&Aを見ていく。

記事を読む
【ビックカメラ】再編が続く家電量販店業界で「M&A巧者」への転換なるか?

【ビックカメラ】再編が続く家電量販店業界で「M&A巧者」への転換なるか?

今回のアーカイブスは、家電量販店業界第2位のビックカメラを取り上げる。エディオンとベスト電器との資本業務提携が両方とも解消となり業界1位のヤマダ電機との差が広がっている。

記事を読む
【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

【ダイキン工業】海外に照準を定めた空調機トップメーカー。売上の9割は海外で稼ぐ

「うるるとさらら」でおなじみの家庭用エアコンで知名度のあるダイキン工業だが、実は産業用空調機分野で世界トップシェアを誇り、売上げの大半を海外で稼いでいる。M&A巧者の同社を取り上げる。

記事を読む
【ハウス食品】壱番屋に続き、ギャバンも食う カレールウと融合しさらにおいしく

【ハウス食品】壱番屋に続き、ギャバンも食う カレールウと融合しさらにおいしく

バーモントカレーのCMでお馴染みのハウス食品グループ本社は単なるカレールウの会社ではありません。「カレーハウスCoCo壱番屋」や香辛料の「ギャバン」を買収して事業を拡大しています。ルウを軸にレストランやスパイスも融合させる同社のM&Aは一味違います。

記事を読む
【三井住友フィナンシャルグループ】収益の持続的成長を実現させるメガバンクのM&Aとは?

【三井住友フィナンシャルグループ】収益の持続的成長を実現させるメガバンクのM&Aとは?

2002年に三井住友銀行が自らを子会社とする完全親会社として設立したのが三井住友フィナンシャルグループ。収益の持続的成長を実現されるためにメガバンクが行ってきたM&Aの戦略を、消費者金融の買収、信託銀行の買収、海外への投資の3面などから見てみる。

記事を読む