M&A速報

青山商事、希望退職に609人応募|400人の予定を5割上回る

2021/02/22

青山商事は22日、400人程度を募った希望退職に予定数を5割上回る609人の応募があったと発表した。40歳以上63歳未満で勤続5年以上の正社員・無期契約社員を対象とし、2020年12月14日~2021年2月19日に募集した。ビジネスウエアのカジュアル化が進行していたところに、新型コロナウイルス感染拡大が重なり、在宅勤務の広がりでスーツ需要が一段と落ち込んだことなどで業績の落ち込みに拍車がかかった。退職日は2021年5月31日。

割増退職金や再就職支援にかかる関連費用約40億円を2021年3月期決算に特別損失として計上する予定。

関連の記事

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

2021/03/03

希望退職者の募集結果についての発表が連日続いている。今年に入って2カ月余りだが、その数は上場企業だけですでに20社近い。応募者が最多だったのは旅行大手の近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングスの1376人で、LIXILの965人、オリンパスの844人などが次ぐ。

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

2020/11/17

11月に入り、上場企業による希望(早期)退職者募集が激増中だ。今年最多だった10月の12件に半月足らずで並んだ。1月からの累計では約80社を数え、すでに前年の2倍を優に超える。新型コロナ禍の出口が見通せない中、雇用情勢は緊迫の度を増している。

ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

2020/06/11

上場企業の3月期決算は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、業績に急ブレーキがかかった。そうした中、目立つのが巨額赤字への転落だ。ソフトバンクグループの9615億円を筆頭に、日産自動車、日本製鉄など1000億円を超える最終赤字は7社に及ぶ。

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

【青山商事】脱「スーツ依存」へM&A 靴・かばん修理を新たな収益源に

2017/02/24

「洋服の青山」で知られる紳士服業界首位の青山商事はスーツの市場縮小に対応して、M&Aを積極化している。2015年に靴やかばんの修理店「ミスターミニット」の運営企業を買収。スーツ以外の新たな収益源を育てる考えだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5