M&A速報

[中止]ギフト<9279>、横浜家系ラーメン店「せい家」を展開するトップアンドフレーバーを子会社化

2018/11/15

ギフトは、 横浜家系ラーメン店「せい家」を展開するトップアンドフレーバー(東京都世田谷区。売上高14億3000万円、営業利益668万円、純資産9510万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

ギフトは横浜家系ラーメンを中心に、九州釜焚きとんこつラーメン、 がっつり系ラーメンなど多様なラーメン業態を展開中。店舗数は2018年7月末時点で国内408店舗で、1000店舗を目標に積極的に出店している。 「せい家」を展開するトップアンドフレーバーは横浜家系ラーメンの先駆け企業として知られ、家系ラーメンをワンコイン(500円) で提供している。

ギフトは同社をグループに迎え入れ、首都圏、とりわけ都内での事業基盤を強化するとともに、横浜家系ラーメンの商品品質の向上につなげる。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年1月1日。

関連の記事

苦境の続く外食産業で「町田商店」「かつや」「モスバーガー」が2ケタ増収を達成

苦境の続く外食産業で「町田商店」「かつや」「モスバーガー」が2ケタ増収を達成

2021/01/31

帝国データバンクが外食事業を展開している上場企業で、月次売上高を公表している 65 社の全店売上高を集計したところ、65社中90%近い57社が前年同月実績を下回った。

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

緊急事態宣言後の飲食チェーン、勝者が実施している秘策は?

2020/06/26

緊急事態宣言が解除され、県をまたいでの移動も緩和されました。一部観光地やショッピング街に人が戻り始め、リベンジ消費が始まろうとしています。2月から冷え込み始めた飲食店に、遅い春がやってきました。売上の戻りが早い業態にはどんな特徴が?

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

「味噌ラーメン」が援軍に ギフトの戦線が拡大

「味噌ラーメン」が援軍に ギフトの戦線が拡大

2019/07/18

​「世界一のラーメン企業になる」との目標を掲げるギフトが再び動き始めた。横浜家系ラーメン「せい家」を手がけるトップアンドフレーバーの買収断念によって計画の見直しに迫られていたが、9月にラーメン天華とケイアイケイフーズを傘下に収める。

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019/01/25

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

【ギフト】横浜家系ラーメン「せい家」の買収を断念

【ギフト】横浜家系ラーメン「せい家」の買収を断念

2019/01/18

横浜家系を中心にラーメン事業を展開するギフトは17日、横浜家系ラーメン「せい家」のトップアンドフレーバー(東京・世田谷)の買収を断念すると発表した。当初は1月1日に子会社化する予定だったが、資産査定後の詰めの段階で合意に達しなかった。

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

【2018年 M&A】外食企業が活路を見出す企業買収戦略とは

2018/12/28

2018年10月の国内外食業界全体の売上高は、前年比101.7%。26ヶ月連続で前年を上回っています。背景にあるのは、海外観光客の旺盛な外食需要。外食企業各社は、海外での知名度獲得にも寄与する、海外企業の買収に力を入れているようです。

世界一のラーメン企業を目指す「ギフト」ってどんな会社?

世界一のラーメン企業を目指す「ギフト」ってどんな会社?

2018/11/17

世界一のラーメン企業になる。これがギフトの描く企業像だ。田川翔社長は「世界中の人々に、E.A.K(家系)を届けるため、国内1000店舗、海外1000店舗を目指す」と宣言する。

M&A速報検索

クリア