M&A速報

堀田丸正<8105>、婦人服ブランドの「タケオニシダ」運営事業を譲渡

2017/09/25

堀田丸正は、ブランド婦人服の百貨店卸を行うタケオニシダ事業を、同事業のデザイナーの谷口氏が新設したタケオニシダ・ジャパン(東京都台東区)へ譲渡することを決議した。対象事業の直近売上高は4億7900万円。

堀田丸正は2007年に堀田産業を吸収合併した際に、同社の傘下にあった旧・タケオニシダ・ジャパンも子会社となった。その後、吸収合併し事業としてタケオニシダブランドを運営してきたが、最近は売り上げが減少していた。2017年6月に堀田丸正がRIZAPグループに入ったことに伴い、成長に向けた構造改革の一環として同事業の譲渡を決めた。

譲渡価額は1960万円。譲渡予定日は2017年11月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

2018/11/16

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

2017/08/15

花火大会や縁日に足を運べば、夏を感じさせる浴衣美人に出会えるこの季節。和文化の象徴とも言える呉服関連企業の低迷が叫ばれて久しい中、近年はM&Aなどにより浮上のきっかけを探る動きが活発化している。昨年から今年にかけて起こった、代表的なトピックをご紹介しよう。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

M&A速報検索

クリア