M&A速報

堀田丸正<8105>、和装小物卸売事業を譲受け

2015/08/04

和装品、洋装品、寝装品、貴金属・宝石等の卸売販売を行う堀田丸正(東京都)は、きものから和装小物までの商品供給力を一体化し、販売力と提案力を強化することを目的として、和装小物品等の卸売販売を行う吉利(東京都)より和装小物卸売事業部門(売上高15億円、経常利益△1千万円)を譲り受ける旨の契約を締結した。

事業譲受価額は2億円。

事業譲受日は平成27年8月20日。

なお、事業の譲受先として100%出資の新会社吉利事業譲受準備会社を設立することとしている。

新会社は、事業譲受後、商号を株式会社吉利へ変更する予定。

M&Aデータベース

関連の記事

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

2018/11/16

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

浴衣の季節、呉服業界の再編に注目してみた

2017/08/15

花火大会や縁日に足を運べば、夏を感じさせる浴衣美人に出会えるこの季節。和文化の象徴とも言える呉服関連企業の低迷が叫ばれて久しい中、近年はM&Aなどにより浮上のきっかけを探る動きが活発化している。昨年から今年にかけて起こった、代表的なトピックをご紹介しよう。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

M&A速報検索

クリア