タキロンは、生体内分解吸収性骨接合材料の開発・製造及び販売事業(売上高17億円、以下、本事業)を会社分割によって新設会社の帝人メディカルテクノロジーに承継させ、同社の株式86%を帝人に対して譲渡することを決議した。

タキロンは単独でメディカル事業を運営してきたが、本取引により帝人グループとの先端医療材料の開発を推進していくことを目指す。

株式譲渡価格は16億円。

株式譲渡予定日は平成29年7月3日。