ガラスメーカーである旭硝子は、化学製品の製造・販売事業等を展開するタイのビニタイ社(売上:534億、連結純利益:18億円、純資産:497 億円)の株式を58.77%取得し、子会社化した。

東南アジアの苛性ソーダおよび塩化ビニル樹脂の市場は年率5%程度の成長が見込まれている。本取引により、旭硝子はインドネシア・ベトナムに続きタイにも塩化ビニル樹脂生産拠点を確保し、今後更なる生産能力増強・競争力向上策をすすめていく。

株式取得予定日は、2017年上半期中。

株式取得価額は335億円。