国内最大規模の総合免税店の運営など国内リテール事業や海外事業等を展開するラオックス(東京都)は、婦人靴の企画・卸売販売事業を展開し、現在民事再生手続き中のシンエイ(東京都、純資産4億円)の婦人靴企画・卸売販売事業(売上高101億円、営業利益△6億円、資産56億円、負債51億円)をラオックスの子会社の靴製造販売事業を展開するモード・エ・ジャコモ(東京都)が譲受け、同じく民事再生手続き中の靴製造販売事業を営む新興製靴工業(東京都、純資産4億円)の靴製造販売事業(売上高24億円、営業利益8百万円、資産25億円、負債21億円)をラオックスの子会社で保険事業を営む青葉ライフファミリー(東京都)が譲受けすることについて決議した。

ラオックスは、近年メイドインジャパンの衣料品、シューズ、服飾雑貨は訪日外国人からの人気も高く、希少性が高まりつつあるため、同社の商品構成のさらなる充実をはかり、顧客満足度を向上させるべく、当該事業の譲受けを決定した。今回の譲受けによりメイドインジャパンファッションの価値を積極的に発掘し世界中の顧客へ伝える取組みの更なる契機になるとしている。

シンエイ事業取得予定価額は3億円。

新興製靴工業事業取得予定価額は3億円。

事業譲受予定日は平成28年8月31日。