M&A速報

三井倉庫ホールディングス<9302>、運送業の丸協運輸など丸協グループ6社を子会社化

2015/11/04

三井倉庫ホールディングスは、大阪府に本拠を置く丸協運輸(丸協大阪、大阪府寝屋川市。売上高158億円、営業利益3億6700万円、純資産59億円)など丸協グループ6社の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は合計で約100億円。取得予定日は2015年12月18日。

丸協グループはトラックを1000台強保有し、運送業や倉庫業など物流事業全般を展開する。三井倉庫は丸協グループを傘下に取り込み運送機能の強化を図るほか、サプライチェーン全般に対するサービス提供、物流の小口化・多頻度化やドライバー不足などにも対応可能になるとみている。

子会社化するのは、丸協大阪のほか、愛媛県に本拠を置く丸協運輸(丸協愛媛、愛媛県東温市。売上高86億8000万円、営業利益3億1400万円、純資産34億3000万円)と、その他関係する4社。三井倉庫ホールディングスは、三井倉庫トランスポート(大阪市)を統括会社として新設し、同社が丸協グループの株式を取得する予定。取得価額の内訳は丸協大阪が約60億円、丸協愛媛が約30億円。

M&Aデータベース

関連の記事

【三井倉庫ホールディングス】M&A集中し業界首位に躍り出る

【三井倉庫ホールディングス】M&A集中し業界首位に躍り出る

2018/06/19

三井倉庫HDは2010年代前半にM&Aによる拡大路線を推し進めた。積極的なM&Aは業界3位が指定席だった同社をトップに押し上げる原動力になった。ただ、名実ともリーディングカンパニーとして地歩を確立するには財務体質の改善など課題が山積している。

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選(2)

失敗? 成功? 巨額損失を計上したM&A10選(2)

2017/05/31

買収時の想定に 反して巨額損失の計上に追い込まれるM&Aは、いつの時代にも少なからず存在する。前回に続き、近年の事例を振り返り、考える契機としたい。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5