沢井製薬は、田辺三菱製薬の子会社の田辺三菱製薬工場(大阪市)から鹿島工場(茨城県神栖市)の医薬品製造事業を会社分割により取得することを決めた。

沢井製薬が主力とするジェネリック医薬品は今後、一層の需要増加が見込まれている。沢井製薬は固形製剤と注射剤に高い技術力を持つ田辺製薬工場の鹿島工場の事業を取得し、安定供給力の増強を前倒しで実施する。鹿島工場の生産実績は、錠剤約2.3億錠、散・顆粒約33トン、注射剤約170万本。

取得予定日は2015年4月1日。取得価額は未定。