M&A速報

和井田製作所<6158>、台湾の工作機械の生産・販売会社を子会社化

2014/06/19

(株)和井田製作所(以下「和井田製作所」)は、持分法適用関連会社で工作機械の生産・販売を行う和井田友嘉精機股份有限公司(中国、売上高8100万円、営業利益△3000万円、純資産9700万円、所有割合45.0%)の株式を取得し、連結子会社化することを決議した。株式取得後の所有割合は55.0%となる。

和井田友嘉精機股份有限公司は、シチズンマシナリーミヤノ(株)(以下「シチズンマシナリーミヤノ」)、丸紅(株)(以下「丸紅」)、友嘉実業有限公司(以下「友嘉実業」)との4社による合弁企業として台湾において新たな市場開拓、共同仕入れ、生産委託等に向けて様々なトライアルを行ってきた。今回、各社ごとに合弁企業に求める目的が明確になったため、和井田製作所がシチズンマシナリーミヤノ及び丸紅の保有する各5%分の株式の譲渡を受け、友嘉実業との2社合弁企業として新たにスタートすることになった。

株式取得価額は1100万円。

株式譲渡実行予定日は2014年7月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

昭光通商をTOBで傘下に収めた「アイ・シグマ・キャピタル」とは

昭光通商をTOBで傘下に収めた「アイ・シグマ・キャピタル」とは

2021/03/21

昭和電工の子会社昭光通商がTOBで上場廃止となる見込みです。買付けを実施したのは、丸紅傘下の投資ファンド「アイ・シグマ・キャピタル」。アイ・シグマ・キャピタルは昭光通商を丸紅グループに統合することで、経営効率が図れるとしています。商社系ファンドの中で頭角を現すアイ・シグマ・キャピタルとはどのような会社なのでしょうか。

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

2020/09/10

国内最大手の携帯電話販売代理店網を持つティーガイアが、富士通系の富士通パーソナルズから携帯電話販売事業を買収する。シェアトップを維持するためのM&Aだが、成長が望めない業種だけにリスクは高い。なぜ同社はそんな決断をしたのか。M&A史を追う。

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

新型コロナ禍で相次いでいる「のれん減損」って何?

2020/08/27

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による景気低迷が長期化する中、「のれん代」を減損処理する企業が増えている。「のれん減損」で大幅赤字に転落するケースも珍しくない。2020年は「のれん減損」ラッシュになりそうだ。なぜか。

【VTホールディングス】新車販売「冬の時代」に成長する力とは

【VTホールディングス】新車販売「冬の時代」に成長する力とは

2018/10/25

国内自動車販売会社の苦戦が続いている。少子高齢化によるドライバー人口の減少やレンタカー、カーシェアリングへのシフトの影響により、新車販売台数は長期的に減少が避けられない。そんな「冬の時代」でもVTホールディングスは成長を続けている。なぜか?

【山崎製パン】売上高1兆円超!成長エンジンにM&Aあり

【山崎製パン】売上高1兆円超!成長エンジンにM&Aあり

2017/11/14

山崎製パン<2212>は国内シェア4割を持つパン業界のガリバー企業。和・洋菓子や製菓・米菓などを合わせた連結売上高は1兆円を超える。国内で圧倒的な地盤を築く同社だが、ここへきて海外市場の開拓にアクセルを踏み込んでいる。人口減少などで国内のパン市場が縮小に向かうと予想される中、海外展開が課題で、M&Aがそのエンジン役を担っている。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5