M&A速報

第一生命保険<8750>、米生保プロテクティブを約5850億円で買収

2014/06/04

第一生命保険は、米国の中堅保険グループのProtective Life Corporation(プロテクティブ、アラバマ州。保険料収入約3040億円、純資産約3780億円)を約5850億円(アドバイザリー費用など含む)で買収すると発表した。プロテクティブの取締役会は買収について全会一致で賛同している。第一生命は今回の買収により世界最大の生命保険市場である米国に進出し、グローバル事業の成長加速を図る。

プロテクティブは1907年創業で、ニューヨーク証券取引所に上場している。個人保険・年金を中心に事業を展開しており、グループ収入保険料は米国で36位の規模。第一生命は買収目的会社のDL Investment (Delaware), Inc.とプロテクティブを合併する方式で完全子会社化する。買収資金のうち、約2500億円を新株発行により充当する予定。2014年12月から2015年1月頃の買収手続き完了を予定している。

M&Aデータベース

関連の記事

2019年上期のIT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019年上期のIT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019/07/25

2019年上期(1-6月)のIT・ソフトウェア業界のM&Aは件数が61件で、金額は6195億円となった。2008年以降では、件数は3番目、金額は2番に高い水準となった。

【第一生命HD】海外M&Aを軸に「成長シナリオ」演じる

【第一生命HD】海外M&Aを軸に「成長シナリオ」演じる

2018/09/06

​第一生命ホールディングスが海外事業を急拡大中だ。国内需要が縮小する中、成長シナリオとして描いたのがM&Aを軸とする海外戦略。米国やベトナム、豪州で有力生保を次々に傘下に収め、日本、北米、アジア・パシフィックの3極体制をいち早く構築した。

【2018年1月  M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

【2018年1月 M&Aサマリー】買収・子会社化は44件…「適時開示」ベースで

2018/02/03

M&A関連の企業発表が2018年も1月早々から連日続いている。このうち経営権の取得を伴う買収・子会社化の案件は東証の「適時開示」ベースで44件(M&A Online編集部集計)。6000億円超の大型M&Aや、買収資金の一部に仮想通貨を充てるレアなケースもあった。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

M&A速報検索

クリア