(株)エス・エム・エス(以下「エス・エム・エス」)は、連結子会社であり、海外事業の統括子会社であるSENIOR MARKETING SYSTEM ASIA PTE. LTD.(シンガポール)を通して、医療費の請求電子化サービス事業を事業とするEHEALTHWISE SERVICES PTY LTD(オーストラリア、以下「eHW」)の株式を100%取得し、子会社化した。

エス・エム・エスは、介護・医療・アクティブシニア分野に対して、コミュニティサービス・人材紹介サービス業等の展開をし、また、海外においては、高齢化の進展が見込まれるアジア諸国において、社会的・文化的背景、医療・介護の政策動向や環境を理解したうえで、それぞれの国に適した情報インフラを構築することを目指している。一方、eHWは、オーストラリアにおいて病院向けに医療費の請求プロセス電子化サービスを提供している。

このような状況のもと、エス・エム・エスはオーストラリアの現地企業であるeHWを子会社化することで、医療機関等、オーストラリアの医療分野におけるネットワークを得ることができると考えているとのこと。またeHWサービスのアジア諸国等での展開も図れるものとしている

株式譲渡価格は約2億3300万円(2.5百万オーストラリアドル)。

株式譲渡実行日は2014年2月26日。