M&A速報

エス・エム・エス<2175>、台湾の高齢化社会情報インフラリサーチの知恩思資訊を譲渡

2016/04/28

エス・エム・エスは、台湾で高齢化社会関連情報インフラなどのリサーチを手がける知恩思資訊股份有限公司(台北市。売上高2190万円、営業利益△2880万円、純資産3840万円)の全所有株式89.9%を同社董事長(会長)の王照充氏へ譲渡することを決議した。

エス・エム・エスは、台湾市場で一定の理解が得られたものの現状の体制では長期的な収益を見込めないと判断した。

譲渡価額は約8000万円。譲渡予定日は2016年5月中旬。

M&Aデータベース

関連の記事

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

2017/03/03

エス・エム・エスは2003年に設立されたヘルスケア関連企業だ。医療、看護、介護分野の情報サイトや人材サービスを展開し、高齢者の増加を追い風に12期連続で増収増益を達成した。さらなる成長に向けて海外M&Aも積極化している。

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

2016/09/20

今回は、エス・エム・エスの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5