エス・エム・エスは、台湾で高齢化社会関連情報インフラなどのリサーチを手がける知恩思資訊股份有限公司(台北市。売上高2190万円、営業利益△2880万円、純資産3840万円)の全所有株式89.9%を同社董事長(会長)の王照充氏へ譲渡することを決議した。

エス・エム・エスは、台湾市場で一定の理解が得られたものの現状の体制では長期的な収益を見込めないと判断した。

譲渡価額は約8000万円。譲渡予定日は2016年5月中旬。