M&A速報

エス・エム・エス<2175>、台湾の処方薬宅配サービス会社を子会社化

2013/03/22

エス・エム・エスは子会社を通じて、台湾の処方薬宅配サービス会社、台灣健康宅配科技股份(台北市。売上高1320万円、営業利益△388万円、純資産5010万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決議した。株式の所有比率は52.5%となる。

台灣健康宅配科技股份は高齢化が進展する台湾で、慢性病処方薬を宅配するサービスを提供しており、介護施設や一般の慢性病患者を顧客に持つ。エス・エム・エスは台湾で薬剤師向けサービスを展開しており、今回エンドユーザーまで顧客の裾野を広げることで事業の拡大を目指す。

取得価額は約5800万円。取得予定日は2013年5月。

関連の記事

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

【エス・エム・エス】巧みなM&Aで12期連続増益 世界の医療従事者囲い込む

2017/03/03

エス・エム・エスは2003年に設立されたヘルスケア関連企業だ。医療、看護、介護分野の情報サイトや人材サービスを展開し、高齢者の増加を追い風に12期連続で増収増益を達成した。さらなる成長に向けて海外M&Aも積極化している。

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】エス・エム・エス新株予約権(有償ストックオプション)発行

2016/09/20

今回は、エス・エム・エスの有償新株予約権を見てみる。 この有償ストックオプションにはノックアウト条項が付されている。同社の要領や条件から、割当者や既存株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

関連のM&Aニュース