M&A速報

近畿日本ツーリスト<9726>、クラブツーリズムを完全子会社化

2012/08/10

近畿日本ツーリストは、2004年に近畿日本ツーリストから分離独立したクラブツーリズム(東京都新宿区。売上高1380億円、営業利益18億4000万円、純資産64億7000万円)を完全子会社化すると発表した。さらに、持ち株会社KNT-CTホールディングスを設立する。いずれも、2013年1月1日付。

近畿日本ツーリストは企業や学校などに団体旅行を、一方、クラブツーリズムはシニア世代にターゲットを絞り、会員組織化された顧客に旅行商品を販売してきた。統合後はそれぞれの強みを活かし、団体旅行、個人旅行、メディア型旅行の3事業を中心にグループ経営管理体制を構築する。

株式交換比率は近畿日本ツーリスト:クラブツーリズム=1:8500で、クラブツーリズムの普通株式1株に対して近畿日本ツーリストの普通株式8500株を割り当てる。

M&Aデータベース

関連の記事

【2021年】レオパレス、タメニ―…債務超過転企業が続々と

【2021年】レオパレス、タメニ―…債務超過転企業が続々と

2021/07/30

20201年6月に婚活事業のタメニー<6181>、鴨川グランドホテル<9695>、オイスターバーを運営するゼネラル・オイスター<3224>、レオパレス21<8848>、ホテル・不動産事業のポラリス・ホールディングス<3010>、近鉄系旅行会社のKNT-CTホールディングス<9726>が債務超過による上場廃止に係る猶予期間に入りました。コロナによる苦境が鮮明になっています。

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

2021/05/31

新型コロナウイルス感染の影響が長期化する中、名門ホテルをめぐる閉館や売却の動きが相次いでいる。6月30日の営業終了に向けてカウントダウンに入ったのが東京・九段下のホテルグランドパレスだ。

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

2021/04/05

2021年1~3月に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は21社を数え、前年同期比4割増となった。ほとんどが新型コロナの影響拡大による業績悪化を理由とする。募集規模100人以上は7社で、3社に1社を占める。JTの1150人を筆頭に、名村造船所の250人が続く。

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

2021/03/03

希望退職者の募集結果についての発表が連日続いている。今年に入って2カ月余りだが、その数は上場企業だけですでに20社近い。応募者が最多だったのは旅行大手の近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングスの1376人で、LIXILの965人、オリンパスの844人などが次ぐ。

2020年の希望退職募集、90社を突破|「1000人規模」LIXILなど3社

2020年の希望退職募集、90社を突破|「1000人規模」LIXILなど3社

2021/01/14

「新型コロナ」下、上場企業でも雇用情勢は厳しさを増すばかりだ。2020年に希望退職の募集を発表した企業は少なくとも93社(M&A Online編集部調べ)に上り、前年の2.6倍に急拡大した。募集人員は1万7000人を超える。

「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

2020/11/25

JTBは2021年3月期に経常損益が1000億円の赤字に転落することを公表。これによりJTB、HIS、KNT-CTホールディングスの旅行大手3社がそろって経常赤字に転落することになった。

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

青山商事・エイベックス・セガサミー…希望退職者募集が11月「激増中」

2020/11/17

11月に入り、上場企業による希望(早期)退職者募集が激増中だ。今年最多だった10月の12件に半月足らずで並んだ。1月からの累計では約80社を数え、すでに前年の2倍を優に超える。新型コロナ禍の出口が見通せない中、雇用情勢は緊迫の度を増している。

明らかになってきた旅行会社の実態「HIS」は300億円を超える赤字に

明らかになってきた旅行会社の実態「HIS」は300億円を超える赤字に

2020/09/29

新型コロナウイルスの影響で苦境に陥っている旅行会社の実態が次第に明らかになってきた。エイチ・アイ・エスは2020年10月期の営業損益が367億円の赤字に陥る見通しを公表した。

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

2020/06/20

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした移動自粛要請が2020年6月19日に全面解除されたのを受け、旅行関連企業の動きが慌ただしくなってきた。今後工夫を凝らした旅行商品が次々と生まれそうだ。

大手旅行会社が営業を再開 Go Toキャンペーンは業界復活の起爆剤になるか

大手旅行会社が営業を再開 Go Toキャンペーンは業界復活の起爆剤になるか

2020/05/30

大手の旅行会社が営業再開に向け動き始めた。7月には大きな被害を受けている観光業の支援を目的にした政府によるGo Toキャンペーンが始まる見込み。大手の営業再開に伴い、Go Toキャンペーン顧客争奪戦の幕が切られることになりそうだ。

新型コロナで苦境に陥る旅行会社「倒産」「希望退職」「赤字転落」などが表面化

新型コロナで苦境に陥る旅行会社「倒産」「希望退職」「赤字転落」などが表面化

2020/03/26

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、旅行会社の経営に深刻な影響が現れてきた。すでに倒産した企業があるほか、業績悪化に伴う赤字転落や希望退職の募集などが表面化してきた。

【近畿日本鉄道】小さく生まれ“最長”に育った私鉄の雄(後編)

【近畿日本鉄道】小さく生まれ“最長”に育った私鉄の雄(後編)

2018/08/05

近鉄の歴史は、大阪電気軌道(大軌)から関西急行鉄道(関急)へと続く。その関急の系譜をたどると、3つの系統があることがわかる。3系統で15社の資本統合。M&Aを繰り返しながら関急が成立し、そして近鉄が私鉄の雄へと成長していく過程を追っていく。

【近鉄エクスプレス】社運かけM&A「世界」プレーヤーに前進

【近鉄エクスプレス】社運かけM&A「世界」プレーヤーに前進

2018/07/10

近鉄エクスプレスは今年創業70年。航空貨物輸送、海上貨物輸送、ロジスティクスを3本柱に日本を代表する国際貨物専門企業だ。本格的な企業買収と無縁だった同社が大勝負に出たのは3年前。売上高の半分近い1400億円を投じた海外M&Aのその後は?

【近畿日本鉄道】小さく生まれ“最長”に育った私鉄の雄(前編)

【近畿日本鉄道】小さく生まれ“最長”に育った私鉄の雄(前編)

2018/07/08

資本統合を繰り返しながら路線距離が日本最大となった大手私鉄・近畿日本鉄道。戦時統合で誕生した関西の小さな鉄路(大阪電気軌道=奈良軌道)が、他の私鉄に出遅れながらも豊富な路線網のもと需要を取り込んで拡大していく過程を、2回に分けて追いかける。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5