日立造船は、スイスのごみ発電設備設計・制作会社のAE&E Inova (チューリッヒ。売上高556億円、純資産85億2000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

AE&E Inovaを実質的に所有する持株会社であるA-TECグループの破綻を受けて、同社の事業継続を前提とした株式売却が実施されることになり、日立造船が環境事業の発展のため取得を決めた。日立造船は欧州市場を確保し、世界的な市場を視野に入れた事業展開を図る。

取得価額は2500万円。取得日は2010年12月20日。