日東製網は、丸紅の傘下で漁網や関連資材の製造販売を手がけるベニートヤマ(大阪市)から海苔の定置・養殖・陸上部門の事業と設備の一部を取得すると発表した。水産業界では経営環境が年々厳しさを増しているため、日東製網は事業の取得により業容の拡大を図る。ベニートヤマから従業員18名を受け入れるほか、土地・建物など資産の買い取りも行うという。取得予定日は2010年10月中旬から12月。取得価額は6000万円。