昭栄は、連結子会社であるトスマク・アイの全株式を三谷セキサンに売却する。

昭栄は、投資事業の一環として一般廃棄物処理業を営むトスマク・アイを子会社化したが、今後、トスマク・アイが更なる成長を遂げるためには、地域に密着した有力企業と緊密な連携が必要であると考え、北陸地方での地域密着型企業である三谷セキサンに売却する。

三谷セキサンは、福井市に本社を置き、コンクリート二次製品事業、工事関連事業を営んでいる。

譲渡する株式数は、1,600,000株、譲渡価格は3,200百万円。