東京センチュリーリースは子会社を通じて、住友信託銀行の連結子会社である住信・松下フィナンシャルサービス(大阪市)の自動車リース事業を取得すると発表した。

子会社の東京オートリース(東京都品川区)が、住信・松下フィナンシャルサービスが手掛けている自動車リース事業(パナソニックグループ向けを中心に、車輌管理台数は約1万4000台を有する)について譲り受ける。これにより、東京オートリースの車輌管理台数は10万台を超え、営業基盤を拡充する。

取得価額、取得予定日はともに非公表。