M&A速報

タケエイ<2151>、廃棄物処理業の北陸環境サービスを子会社化

2009/03/05

タケエイは、廃棄物処理業の北陸環境サービス(金沢市。売上高10億3000万円、営業利益3億2700万円、純資産6億5700万円)の全株式を、同社の完全親会社である日宝工業から取得し子会社化することを決議した。

北陸環境サービスが保有する管理型最終処分場は、工場から排出される汚泥・燃え殻等をはじめとする多様な廃棄物に対応しており、タケエイは、廃棄物の処理および再資源化事業を主力とする。今回の子会社化により今まで扱えなかった新たな廃棄物分野への参入が可能となる。また、北陸環境サービスの事業エリアは石川県金沢市を中心とする北陸地域にまたがっており、タケエイの事業基盤である首都圏とは重複しない。事業の選択と集中を推進する日宝工業と、事業領域・事業地域の拡大を推進するタケエイとの意図が合致た。

取得価額は12億2000万円。取得予定日は2009年3月6日。

M&Aデータベース

関連の記事

【3月M&Aサマリー】94件、2カ月連続で13年ぶりの高水準が続く

【3月M&Aサマリー】94件、2カ月連続で13年ぶりの高水準が続く

2021/04/07

2021年3月のM&A件数は94件と前年同月を6件上回り、3月として2008年以来13年ぶりの高水準を記録した。前月比では1件減。2カ月連続で90件台に乗せるのも13年ぶり。1都3県の緊急事態宣言の延長と重なったが、むしろ勢いを増した形だ。

【4月M&Aサマリー】50件、4年ぶりの低水準|コロナの影響くっきり

【4月M&Aサマリー】50件、4年ぶりの低水準|コロナの影響くっきり

2020/05/07

新型コロナウイルスの影響がM&A市場に数字となって表れてきた。4月のM&Aは50件と前年同月を17件下回り、2016年以来の低水準となった。3月比では36件の大幅減少。1~3月期は11年ぶりの高水準を記録したが、一転、急ブレーキがかかった。

M&A速報検索

クリア