ラオックスは、家電量販店の庄子デンキ(仙台市)が運営する5店舗を譲渡することを決議した。

庄子デンキは地域密着型の家電量販店で、2000年4月にラオックスの傘下に入った。経営不振により全店舗を閉鎖することを決めているが、そのうち5店舗については他社に事業譲渡する。

譲渡先は、ゲオに3店舗(長町南店、西多賀店、坂田バイパス店。譲渡価額計5710万円)、ツルハに気仙沼バイパス店(譲渡価額6340万円)、ユニフォーム企画・デザインのイシイ(宮城県若林区)に石巻舵田店(譲渡価額94万4000円)。対象5店舗の直近売上高は23億6000万円。

譲渡は2008年9月30日から10月3日の間に実施する予定。