M&A速報

ジェイ・ブリッジ<9318>、駐車場専門メーカー東京パークエンジニアリングを子会社化

2008/05/30

ジェイ・ブリッジは、大手駐車場専門メーカー東京パークエンジニアリング(東京都中央区。売上高32億4000万円)の株式90%を取得し、子会社化することを決議した。

東京パークエンジニアリングは、立体駐車場や自走式駐車場を製造・販売しており、売り上げ規模では専門メーカーとしては上位にある。しかし、改正建築基準法の影響による着工計画の遅延などにより借入金が増大し、2007年10月には民事再生法の適用を申請していた。ジェイ・ブリッジは、2006年の改正道路交通法施行による駐車場需要や開発型マンション、オフィスビル向けの自走式駐車場の需要増加が追い風となり、事業の拡大が見込めると判断した。

取得価額は9000万円。取得日は2008年5月30日。

M&Aデータベース

関連の記事

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

M&A破談が広がる、早くも昨年比倍増の6件

2019/07/24

子会社化や事業譲渡で基本合意しながら、買収価格などの条件面で折り合わず、M&Aが中止になるケースが広がりを見せている。買収中止は今年すでに6件と、昨年(3件)の倍に増えている。1月に延期を発表したまま、半年以上も協議継続中の案件もある。

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

2019/05/08

東証「適時開示」ベースで、2019年4月のM&Aは前年同月比16件増の67件と、昨年10月以降7カ月連続で前年を上回った。前月(3月)比では15件減った。海外M&Aが23件と全体の3分の1を占め、なかでも売却案件が中国を中心に9件に上った。

「丼物のチェーン店に出資したい」戦略明かす アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長

「丼物のチェーン店に出資したい」戦略明かす アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長

2018/02/22

アジア開発キャピタルのアンセム ウォン副社長は「丼物のチェーン店に出資したい」と自社の戦略を明かす。4月には中国の百貨店内に焼肉や寿司、お好み焼き、ラーメンなど9店が出店するジャパンフードタウンを設け、日本食事業に本格参入する。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア