帝人は米国子会社を通じて、在宅医療機器の販売・レンタルを手がける米国ブレイデン・パートナーズ(カリフォルニア州。売上高約138億円)の全持ち分を取得し子会社化することを決めた。取得価額は約119億円。取得予定日は2008年6月13日。

ブレイデン・パートナーズはカリフォルニア州を拠点に、米国18州で在宅酸素療法に使用される酸素濃縮器や、睡眠時無呼吸症候群用の治療装置などを販売・レンタルしている。同業界での売上は全米上位10社に入る規模。帝人は同社を傘下に取り込み、米国市場における在宅医療事業の基盤強化と海外事業の拡大を図る。