M&A速報

兼松<8020>、廃棄物処理事業の兼松環境をオリックス<8591>に譲渡

2008/02/25

兼松は廃棄物処理事業の兼松環境(千葉県船橋市。売上高13億3000万円)の全株式をオリックスに譲渡することを決議した。

兼松環境は1989年設立で、建設現場から出る廃材や廃棄物の中間処理施設を運営する。兼松は中期経営計画で事業ポートフォリオの入れ替えを進めており、その一環として傘下で廃棄物処理事業を営むオリックスへ譲渡することを決めた。

譲渡価額は非公表。譲渡予定は2008年3月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

2020/09/10

国内最大手の携帯電話販売代理店網を持つティーガイアが、富士通系の富士通パーソナルズから携帯電話販売事業を買収する。シェアトップを維持するためのM&Aだが、成長が望めない業種だけにリスクは高い。なぜ同社はそんな決断をしたのか。M&A史を追う。

M&A速報検索

クリア