ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

2017年度VC投資は29%増の1976億円、3年連続で上昇

alt

投資回収は90件減る

VBの成長段階に応じたステージ別の国内投資(金額ベース、産業革新機構は除く)は以下のとおり。「アーリー」が46.7%(前年度43.6%)、「シード」が14.7%(同19.1%)、「エクスパンション」が27.9%(同25.6%)、「レーター」が10.6%(同10.7%)。

ステージごとの国内向け1件当たり投資額はシード5970万円(同3.1%減)、アーリー8360万円(同9.2%増)、エクスパンション9590万円(同16.7%増)、レーター1億1490万円(同9.8%増)で、シードがやや金額を落とした。

事業の計画・準備段階にあるのがシード。アーリーは設立後、経営が軌道に乗り始める段階、エクスパンションは事業の本格展開から拡張段階、レーターはM&Aや株式公開の検討段階のVBをいう。

2017年度の投資回収件数は438件と、前年度より90件減少した。「会社経営者らによる買戻し」が44件減少(145件→101件)、M&Aが26件減少(73件→47件)したのが目立つ。「株式公開」は86件(前年度102件)、「売却」は126件(同128件)、「償却・清算」は33件(同51件)、「その他」は45件(同29件)だった。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

京都大学経営管理大学院特命教授松本茂氏に聞く「M&Aの成否」

京都大学経営管理大学院特命教授松本茂氏に聞く「M&Aの成否」

2018/07/20

M&Aアドバイザーとして多くの海外企業買収に携わってきた松本茂京都大学大学院特命教授。現在「Business Analysis and Valuation」の講義を担当している松本氏に、海外M&Aアドバイザーの仕事と研究について聞いた。