ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「博多駅前2丁目、3丁目に本社を置く企業」調査

alt

業種別 受託開発ソフトウェア業がトップ

産業を細分化した業種別でみると、最多は受託開発ソフトウェア業の91社(構成比6.8%)だった。
駅前という立地から、食堂,レストラン(専門料理店を除く)が58社(同4.3%)で3位にランクインした。飲食業全体では68社(同5.1%)あり、通行止めなどで交通の動線変更が長期化した際の影響が懸念される。

博多駅前企業 業種別ランキング

博多駅前企業は1,324社だった。陥没規模が大きく、復旧にはかなりの時間を要するとみられている。陥没区域に近い場所に店舗や営業所を構える企業は一定期間の閉鎖を余儀なくされ、機会損失や一時的な移転費用から業績に影響を与える可能性がある。
また、福岡市営地下鉄七隈線の延伸が予定よりも遅れることは必至で、地元経済の活性化にもマイナスの影響が想定される。

東京商工リサーチ「データを読む」より

関連リンク
「JR旅客6社の経営動向」調査

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

地ビールメーカー動向調査

地ビールメーカー動向調査

2016/10/13

M&A Online編集部です。今回は「第7回 地ビールメーカー動向調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。2010年調査開始以来、主要地ビールの累計出荷量は毎年前年を上回っているそうです。