ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

浦和レッズの身売りや合併の可能性と日産傘下の三菱自動車!

alt
Photo by 地味な夫婦

浦和レッズの身売りや合併の可能性は?

日産自動車傘下の三菱自動車となることで
浦和レッズが身売りや合併になるのではないか?
と憶測が流れています。

というのも
Jリーグでは
1つの企業が複数のサッカークラブを持つことは禁止
という規定があるからです。

公正といった意味から
規定があることは支持することが出来ますよね。

ところで
日産自動車は横浜Fマリノスの株式を74%
三菱自動車は浦和レッドダイヤモンズの株式を50%
を取得していますので
Jリーグの規定に抵触することになってしまいます。

6月下旬までには申請が必要となりますが
チーム名やチームカラーはどうなってしまうのでしょう。

ご存知通り横浜Fマリノスは
横浜マリノスと横浜フリューゲルスが合併したチームです。

横浜フリューゲルスのスポンサーであった
佐藤工業の経営不振と当時の全日空が赤字であったことから
事実上は横浜マリノスへの吸収合併といった経緯があります。

でも・・・
浦和レッズが身売りや合併ということについては
あってはならないことと思っています。

三菱グループである三菱重工業やキリンビールなどの
三菱グループが浦和レッズの運営をして
チーム名やチームカラーもこれまで通りにして欲しいと
考えています。

旧浦和市は少年サッカーや高校など
サッカーとの縁は歴史的にも古く
浦和レッズは歴史ある三菱重工業サッカー部が
母体となって
Jリーグ創設から参加している名門クラブです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「三菱自動車グループ国内取引状況」調査

「三菱自動車グループ国内取引状況」調査

2016-05-12

三菱の燃費試験データ不正事件の余波は想像を超えるインパクトを業界に与えている。本日付の報道では、かねてから同社と共同開発をしてきた日産が資本を注入、事実上傘下に収める意向を示した。