M&A速報

ぱど<4833>、地域情報誌のマーケティング子会社のリビングプロシードを譲渡へ

2020/06/05

ぱどは、地域情報誌のマーケティング業務を手がける全額出資子会社のリビングプロシード(東京都千代田区。売上高68億2000万円、営業利益△200万円、純資産7億4800万円)の全株式を譲渡することを決めた。株式譲渡に関する基本合意書を締結したが、譲渡先は非公表。譲渡価額は7億5000万円。譲渡予定日は2020年8月10日。手元資金を確保し、構造改革を早期かつ確実に進めるとしている。

リビングプロシードは2018年に、RIZAPグループ傘下のサンケイリビング新聞社から地域情報誌の配布・流通などの事業を引き継いだ。RIZAPグループにおける機能集約を狙いとしたが、ぱどが昨年末、RIZAPグループから離れたことなどから、他社媒体の配布機能を担うリビングプロシードの切り離しによる財務状況の改善を検討していた。

追記事項

2020-08-07
譲渡先は、セイノーホールディングス傘下でご用聞き・見守り事業を手がけるココネット(東京都中央区)。譲渡価額は6億6800万円、譲渡予定日は2020年8月31日に変更した。

M&Aデータベース

関連の記事

【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

【希望退職者募集】1000人のレオパレスを筆頭に上期だけで29社、昨年1年間に迫る

2020/07/05

希望退職者を募集する動きがひっきりなしだ。6月も賃貸アパート大手のレオパレス21、外食チェーンのフレンドリー、免税店大手のラオックスなど6社に上った。1~6月(上期)では合計29社に上り、昨年1年間の36社に早くも並ぶ勢いだ。

【希望退職者募集】レナウン・ぱど・さいか屋…5月だけで8社|今年早くも20社超え

【希望退職者募集】レナウン・ぱど・さいか屋…5月だけで8社|今年早くも20社超え

2020/06/01

今年に入って希望退職者の募集を発表した企業は合計24社に上り、昨年同時のほぼ2倍のハイペースで推移している。旅行や小売りなどの一部業種では新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化が引き金になったケースも出ている。

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

消費低迷で相次ぐ「業績下方修正」今後は新型コロナウイルスの影響も

2020/01/31

消費低迷を理由に業績予想を下方修正する企業が相次いでいる。ホームセンターのコメリ、クリーニング業の白洋舎、食品メーカーの石井食品がそろって通期の業績予想を修正。白洋舎、石井食品は当期損益が赤字に転落する。

RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

RIZAPグループ、ジャスダック上場の『ぱど』を売却

2019/11/10

RIZAPグループが連結子会社でフリーペーパー発行等の「ぱど」を畑野幸治氏へ売却する。譲渡価格は総額24億6700万円。畑野氏はM&A の仲介事業を行うFUNDBOOK(ファンドブック)代表取締役CEO。

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

ライザップ、傘下の戸建住宅・リフォーム事業を売却

2019/03/31

経営再建中のRIZAPグループは、連結子会社のタツミプランニング(横浜市)の戸建住宅・リフォーム事業を、中堅ゼネコンの高松コンストラクショングループに売却することを決めた。グループ会社・事業の売却は昨秋に構造改革に着手して以降、3件目。

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

【RIZAPグループ】M&Aをいったん封印、再開はいつ

2018/11/16

RIZAPグループが新規M&Aの凍結を表明した。その理由は19年3月期に赤字に転落する見通しになったこと。「結果にコミットする」をキャッチフレーズにフィットネスジムで抜群の知名度を持つ同社だが、これまでどんな会社を買収してきたのだろうか。

 RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

RIZAP「往年の花形産業」にもコミットする狙いとは?

2017/08/12

積極的M&Aで急成長してきたRIZAPグループが2017年5月23日、上場企業としては8社目となる繊維専門商社の堀田丸正の買収を発表した。翌日、関連銘柄の株価が軒並み高騰。そのM&Aの狙いは何か。

M&A速報検索

クリア