エボラブルアジアは、各種商品券などディスカウントチケット事業を手がけるナショナル流通産業(大阪市。売上高137億円、営業利益7290万円、純資産977万円)を株式交換により、子会社化することを決めた。

ナショナル流通産業の前身の旧ナショナル流通産業は2017年4月に民事再生を申し立てて、同名の新会社を設立したうえで事業を譲渡した。

株式交換比率は未確定。株式交換予定日は2019年8月30日。

追記事項

2019-08-21
株式交換比率はエボラブルアジア1:ナショナル流通産業233.21で、ナショナル流通産業の普通株式1株に対しエボラブルアジアの233.21株を割り当てる。